​メカセラ装置

概要

沿革と背景

メカセラシステムは1983年に東北大学殿との共同研究により開発されました。同システムの基幹技術はスーパーオキサイドイオン発生法       (特許:3537085)で主力製品は廃油等の水質浄化処理、及び農業集落や下水道における、し尿や生活雑排水の脱臭、水質浄化、汚泥の削減を目的とした製品です。浄水品質は驚くほど安定的、低コスト、既存の設備を変更する必要がなく、信頼性のある堅牢な製品で半永久的にご使用頂けます

発売以来30年以上に渡りメカセラ装置は日本国内大手企業はじめ諸外国を含め数多くの実績があります 

基本原理

遊離塩素を含有した水溶液に酸化触媒還元水機能を組み込んだ機能性セラミックボール(商品名:メカセラ)と接触させて得られる化学反応を利用して できるメカセラ水により、脱臭、汚泥軽減、油脂分解等の効果を併せ持つ技術がベーステクノロジーです。脱臭効果としてはアンモニア、硫化水素、メルカブタン等を効率的に分解する特徴があります

メリット

これらの特許や基幹技術は、従来の技術に比べて原理的に簡単であり、小型かつ工事費が大幅に安い事、保守が容易であり、寿命が極めて長いなどの  特徴があります。環境問題が社会の重要なテーマとなっている昨今、下水道・農業集落排水事業・食品工場等、多方面からご好評を頂いております

このメカセラ水を各用途に応じて通水する事により、

  ① 青藻発生防止

  ② スケール・赤コブ除去

  ③ レジオネラ菌・雑菌除菌

  ④ 赤錆を黒錆へ変換し腐蝕を抑制

  ⑤ スラッジ・スライム・ぬめり除去化し防錆効果発揮

  ⑥ 脱臭

  ⑦ 汚泥軽減

  ⑧ 含油排水処理

  ⑨ スカム発生防止

  ⑩ 黒カビ発生対策

  ⑪ トイレ尿石酸除去

  ⑫ 省エネルギー(電気料金)

  ⑬ メンテナス費用大幅削減(薬剤費、保守頻度)

​  ⑭ ゴキブリ等害虫駆除

  が可能となります