メカセラシステム

基本原理

​■メカセラ装置の原理は①遊離塩素を②循環水・補給水等の水と③メカセラボール (セラミックス)に接触させて得られる触媒反応です

  この反応により「メカセラ水」が生成され、メカセラ水を原水 (循環水・排水等)に通水する事で多様な効果が発揮されます

​  化学反応は以下の通り

  NaClO + H₂O​ → NaOH + HClO

​        HClO → HCl +  [O]

                          (​触媒反応)

​■[O]は強力な酸化作用を呈する発生期の酸素

​■pH調整(H⁺還元反応)

メカセラボール

触媒反応 

H₂O
​(水) 

NaCℓO 

(次亜塩素酸ナトリウム) 

●メカセラ触媒+塩素の働きにより「活性酸素」が発生
●活性酸素が有機物質を分解する
●pH調整(H⁺還元反応)が起こる

触媒反応プロセス

​           HCℓO  +    NaOH   +  HCℓ

   (次亜塩素酸)(苛性ソーダ)    (塩酸)

O₂⁻ (スーパーオキシド発生)

H₂O₂ (過酸化水素)

H₃O₂ (ヒドロキシル水)

OHラジカル反応 (酸化作用)

H⁺ (メカセラボールによる還元作用)

注:メカセラボールのエネルギー作用が連続して発生

メカセラ装置

(缶体)

 

NaCℓO(次亜塩素酸ナトリウム) + 滴下装置 

メカセラ水(セラミック触媒水) 

セラミックボール用

充填カゴ

各種タンク等へ混和