適用例

スクラバー - 脱臭

メカセラ装置による脱臭滅菌・酸化テクノロジー

メカセラ装置は遊離塩素を含んだ水溶液とFe/Mn/Co系の酸化触媒を組み込んだセラミックボールを接触させて得られるメカセラ水で化学反応を利用た脱臭滅菌、酸化テクノロジーです。脱臭装置など既設の循環水配管にメカセラ装置(缶体)を組み込んで使用する事も可能です

  以下の異臭物質に対して脱臭効果があります

1)アンモニア            (NH₃)

2)メチルメルカプタン(CH₃-S-H)

3)硫化水素               (H₂S)

4)硫化メチル            (CH₃-S-CH₃)

5)トリメチルアミン   [(CH₃)₃N]

6)二硫化メチル         (CH₃-S-S-CH₃)

7)アセトアルデヒド   (CH₃CHO)

8)スチレン               (CH=CH₂)

9)スカトール            (C₉H₉N)

10) その他

公衆トイレ不快臭除去
トイレpic..JPG

公衆トイレの不快臭の主成分はスカトール(3メチルインドール)であるといわれています。

スカトールの構造式は(図2)で表わされますように

ーNH―の官能基を有する為、弱い塩基性を示し、酸と反応し塩を作ります。以下の(1)式で示した様にメカセラを通過した水道水では塩素分子(Cl2)が容易に加水分解されて、塩酸と次亜塩素酸を生成します。スカトールはその塩酸と反応し、(2)式で示すように

 Cl2 + H2O → HCl + HClO ・・・・ (1)

2C9H9N + HCl → 2C9H9N・HCl (2)

 

スカトール塩酸塩を生成します。アミンの塩は無臭で水に対して可溶となります。更に次亜塩素酸イオンのもつ殺菌作用で、初期の消毒効果を伴って、 公衆トイレ特有の不快臭が無くなりました

屠殺場特有の異臭除去
食肉センター.JPG

1日800頭の豚を屠殺し加工するコンビナートで、屠殺場内外の各処に有効塩素を加え、メカセラで活性化した水を散水した結果、その時から屠殺場特有の異臭が除去されました。

散水中の活性化されたHCl並びにClO-がアミン系の悪臭やメルカプト系の悪臭成分に作用し、これらの悪臭成分を可溶性化或は分解し、除去したものと思われます。悪臭除去に対する塩素の新しい活用といえます。

 

2NH4+ + 3HClO → N2 + 3H2O + 5II+ 3Cl-・・・(3)

 

(3)式で示すように、アンモニア成分(NH4+)と次亜塩素酸(HClO)との反応によっても無臭化を実施することができます

​遊離塩素水 悪臭ガス集約除去
製紙工場.JPG

製紙工場のターベンチン系の悪臭の除去、塗装工場の有機溶剤を主成分とする悪臭の除去、寝たきり老人や重症患者の病室の悪臭除去等、悪臭ガスを集めて処理する場合に、メカセラと塩素分子溶存水の組み合わせが効果的な働きをします

寝たきり老人.JPG
塗装工場.JPG

 

 

硫黄系悪臭ガス除去

 硫化水素、メルカプトベンゾチアゾール、ジメチルサルファイド、ジメチルジサルファイド、チオカルバミン酸等の硫黄系の悪臭は、製紙工場やゴム関連工場で発生しますが、 一段目でアルカリ水溶液による処理、二段目で遊離塩素とメカセラを組み合わせた多段気液接触反応器で処理しますと、きわめて効果的な除臭ができます。ランニングコストも廉価で済みます。